美容と健康のため毎日グリーンスムージを摂るように心がけ「毎日自作サプリスムージー生活」に挑戦中!色々な野菜や果物などで毎日自作したグリーンスムージーなどのレシピや情報の記録日記です。

なぜグリーンスムージ?

最近はテレビでも「グリーンスムージー」の話題が多いし世界中でファンが増え続けているという「グリーンスムージー」。
ではなぜグリーンスムージが今注目されているのでしょうか?





私が参考にしているのがお友達に勧められて購入したグリーンスムージの本仲里園子・山口蝶子さん作・監修が医学博士の久保明先生の「からだの中から若返る・グリーンスムージ健康法」という本に詳しく書かれてました。

グリーンスムージー健康法の本
 

なぜ、今グリーンスムージが注目されているのか?

 

その「なぜ、グリーンスムージー?」という中にこの「なぜ今グリーンスムージが注目されているのか」ということや
グリーンスムージーのレシピはもちろんこういうときにはこういう材料のグリーンスムージがいいとか
効能・効果別などのグリーンスムージーの材料やレシピが詳しく載っています。

「グリーンスムージーが注目されている理由」も医学博士の久保明先生にうかがった内容が書かれています・

 

グリーンスムージは医学的にみても素晴らしい!

グリーンスムージーは葉野菜とフルーツで作るので、野菜だけでなくフルーツだけでもなく
その両方を摂ることが病気を予防するのに大きく貢献するという研究結果が多くみらられるようになったとのこと。

世界的な医学雑誌にも心血管障害予防のために積極的に食べる食品として野菜とフルーツをあげている。
別の雑誌でも12万人を対象に4年後との体重増減を観察して体重の減少に影響を与えた食生活・生活習慣の研究の発表の中で
その体重の減少に影響を与えた食生活の要因の中で野菜とフルーツをあげている。

緑の葉を多くとると糖尿病の発症が減少するという研究もあるそうだ。

 

野菜とフルーツを同時にとるのがかんたん!

野菜の一日の摂取目標量は350gとも450gともいわれている意識して努力しないとなかなか達成出来ない。
そして野菜に目がいくとフルーツを忘れてしまいがちだったり果物まで手が回らないという人もよくいるので
葉野菜とフルーツを一緒にとれるグリーンスムージは優れている。
バランスのとれた食生活はグリーンスムージーを生活の中に取り入れることがかんたんな方法ということ。

グリーンスムージーでアンチエイジングも期待出来る!

加齢にともない臓器が本来持っている機能が低下することを「エイジング」というが
このエイジングのスピードは「酸化」と「糖化」で加速する。
その他紫外線や遺伝子の影響もあり。

酸化を防ぐ「抗酸化物質」の代表的なのがβーカロテンやビタミンC、ビタミンE。

抗酸化物質は単独で多くとればいいというものではなく、ビタミンEはビタミンCを一緒に摂らないとそれ自体が酸化物質になってしまうなどということがあるので

たくさんの抗酸化物質が含まれる「グリーンスムージー」はアンチエイジングにはすばらしいものである。

「グリーンスムージー」はマグネシウムやカリウムが豊富で飽和脂肪酸が少なく、しかも食物繊維も摂れるのでよい組み合わせの典型。

食物繊維な大腸がん予防やコレステロールの低下はもちろん、
食物繊維が豊富な食事をしていると死亡率も22%低下するという研究論文も発表されたそうです。

葉野菜にはクロロフィルという独特なフィトケミカルと持っていて
このクロロフィルの構造のなかにマグネシウムを持ている。

マグネシウムは循環器系で不整脈を抑える作用が注目されていたり
さらに動脈硬化を抑制する作用や筋肉の活動もサポートしてくれるということ。

なのでグリーンスムージーを飲んで運動をするということがさらにアンチエイジングで大切なことといわれてます。

 

グリーンスムージーを続けることが大切!

朝飲むのがいいとされているグリーンスムージですが
それよりもまず大切なののが「グリーンスムージー」を続けること。

そして飲んだあとに体を動かすこと・運動をすることが大切なようですね。

 
 

 

 

 

スポンサードリンク